スキンケア

二重整形手術を受ける前にしっかり情報収集しよう

いつまでも若くいるために

顔を触る女性

加齢とともに出てくるいやな症状が頬のたるみです。頬がたるんでしまうことで、顔の印象が暗くなり、実年齢よりも老けて見られてしまうということも多いでしょう。顔は人の第一印象を決める重要なパーツであり、その顔にたるみがあるだけで、人から見られる印象が悪くなり人生損をしてしまいます。頬のたるみを作ってしまうのには加齢による皮膚の老化も大きな原因ですが、そのほかにも様々な原因があるのです。頬のたるみを作ってしまう主な原因としては、次のようなものが挙げられます。一つ目は、顔を作っている筋肉の衰えです。顔は複数の筋肉によって成形を保たれています。しかしこの顔の筋肉の機能が弱まってしまうことで、頬など顔のたるみが発生してくるのです。また頬だけでなく、目の下や顔全体の皮膚がたるみ老けた印象を与えてしまう要因となります。そのほか頬のたるみを作ってしまう原因は、日々の日常生活で浴びる紫外線によっても引き起こしてしまうのです。紫外線を浴びると体のなかに活性酸素という成分が生まれます。この活性酸素は過剰に作られるといい細胞まで破壊してしまう作用があり、肌の健康を保つために必要なコラーゲンやエラスチン繊維なども壊してしまうのです。活性酸素が増えることで肌に必要な栄養素が失われ、皮膚の老化を速めてしまうのです。そこから頬のたるみが発生するのです。

そういった頬のたるみとなる要因から、顔のはりを守るためには普段から自分で顔の体操を行って筋肉をほぐす方法や、整形手術でたるみを除去するという方法もあります。顔の体操は口を大きく開けたりして頬のたるみを予防するために行うものです。しかし、すでに頬がたるんでしまって体操だけでは改善できないという人もいます。そういった人には、マッサージ店に行ってマッサージを施してもらうことで顔の老廃物を排出し、余分なものを取り除くことで頬のたるみを解消してくれる方法というものもあります。また、根本的なたるみを除去してスッキリしたい人には、整形手術でたるみを取り除く方法がおすすめです。近年では、整形手術の技術もとても進歩していて、体にあまり負担をかけることなく行うことのできる手術などもありますので、検討してみるのもいいでしょう。